全国共通のセール商品仕入れには注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セール商品の仕入れには注意しましょう。

今日はヤフーや楽天などの全国から仕入れのできるセール商品についてのお話です。

全国にある店舗または、ネットショップのセール商品で安く、アマゾンで利益の出る商品はみんな仕入れがちです。

みんなが同じ商品を仕入れると、必然的に値下がりが生じます。

なぜ値下がりが起こるのか?

理由は簡単です。

出品者の増加により、いち早く仕入れた商品売ろうと少しずつ値段を下げていくからです。

アマゾンは、カートを取得しないとほとんど売れません。

なので、カートを取得しようとすると、みんな値段を下げます。

その繰り返しで、値段がかなり下がって、利益が出るどころか、マイナスになってしまうこともあります。

また、一人の人が大量に仕入れており、ずっとカートを取得している場合も同じようにカートを取るために値段を下げる事も多くあります。

セール商品は仕入れるべきなのか?

結論から言うと、仕入れた方が良いです。

ただし、何を仕入れるかは十分注意するべきです。

ただ安いからと言って仕入れていると値下がりに巻き込まれるかもしれません。

では、何に気を付けるかと言うと・・・

セール商品の在庫数です。

それと、モノレートで、モノレートユーザーも気を付けましょう。

なぜ、この二つを気を付けるかと言うと、在庫数が多い場合は、ライバルも多くなると考えてください。

1000個商品があれば、1人が10個ずつ買ったとしても、100人購入できることになります。

出品者が100人にもなると、値下がりのオンパレードですね!!

商品を仕入れる際に、モノレートを見ると思いますが、その時にモノレートユーザーの数にも注目してください。

何人が、この商品をモノレートで見たかがわかります。

誰も見ていないのなら大チャンスですが、利益が出る商品で100人もの人が見ていたら必ず買う人はいます。

買う人がいる=ライバルです。

購入時は必ずモノレートユーザーもチェックしましょう。

では、ライバルがいたら仕入れてはだめなのか??

そういう事ではありません。

ライバルがいるのは当たり前です。

いかに、ライバルより先に売るかと言う事も重要です。

また、その逆で、値下がり後にまた値段が戻ることを考えて、寝かせる人もいます。

早く売りたいという人は、価格改定ツールを使って値下がりの前売りきりましょう。

また、寝かせるために仕入れる人は、その商品の値段がまた戻るかも考えて仕入れましょう。

値下がりのありそうなセールの一例

地域だけのセールなら大丈夫ですが、全国共通のセールには気を付けましょう!!

定番なのが、楽天、ヤフー、トイザらスですね。

トイザらスの場合は、その店舗限定のセールもやっていますので十分注意しましょう。

全国共通でもブックオフなどの中古品の場合はチャンスです。

新品と比べてライバルも少ないので、仕入れのチャンスですね^^

最後まで読んでいただきありがとうございました、感謝の極みです。

記事の内容の質問や感想はコメント欄またはお問い合わせフォームよりお願い致します。
お問い合わせ⇒http://datusara-life.com/page-111

ツイッターをやっております。よろしければ登録お願い致します。

ヒロ⇒@netkatuyounikki
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です