仕入れ先を変えて不良品の割合を下げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不良品の多い店舗からの仕入れはやめておきましょう。

中国商品はどうしても不良品が出てきます。

不良品が出てくると、そのまま損失か、アマゾンでは厳しいけど、他で販売できるような商品なら、メルカリとかで販売することによって仕入れ値くらいにはなると思います。

仕入れ数が増えてくると、メルカリでの販売も結構面倒です。

なので、極力不良品が無いようにしたいですよね?

今日は少しでも不良品を減らす方法のお話です。

テスト仕入れを忘れなく!

新規に仕入れる場合はまず、テスト仕入れです。

まぁこれは当たり前ですけど、一気に大量に仕入れるのではなく、まずはテスト仕入れをして不良品の割合を見ます。

いつも、僕がテスト仕入れするときは、3個くらい仕入れています。

まず、この時点で汚れなどの不良品がある場合はちょっと困りますね…

服で、糸のほつれや、自分で簡単に直せる程度なら、まだセーフです。

中国商品のほとんどは、別の店舗で仕入れることができます。

もし、テスト仕入れで不良品があるのなら別の店舗も探してテスト仕入れしてみましょう。

テスト仕入れ後に不良品が出たら?

テスト仕入れの時には不良品がなくても、いざ本仕入れしてみると不良品が…

ということはよくあります。

実際に僕もよくあります。

不良品が多く、損失が増えるようならテスト仕入れと同じように仕入れ先を変えるべきです。

商品を仕入れるときって、同じ商品でもできる限り安い商品を仕入れると思います。

少し高くても不良品のない店舗なら結果としては安くなる場合もあります。

いろんな店舗で仕入れしてみたり、似たような商品を探したりしてやっていきましょう^^


ツイッターはじめました。
もしよかったら登録お願いします~
アカウント「@netkatuyounikki」です。
ブログでは書かないことをツイッターに書いています。

最後まで読んでいただきありがとうございました、感謝の極みです。

記事の内容の質問や感想はコメント欄またはお問い合わせフォームよりお願い致します。
お問い合わせ⇒http://datusara-life.com/page-111

ツイッターをやっております。よろしければ登録お願い致します。

ヒロ⇒@netkatuyounikki
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です