メルカリ規約変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日メルカリで規約の変更がありました。

今日は変更になった内容について話していきたいと思います。

変更点は3つあります。

どのようなことが変更になったのかと、変更後のメリットデメリットについて説明していきます!

まず、変更になったのは

①初出品時の本人情報登録のお願い

②売上金のご利用方法の変更

③売上金の振り込み申請期限の変更

以上の3つです。

それでは、それぞれのメリットデメリットについて説明していきます。

①初出品時の本人情報登録のお願い

メルカリで出品する際は、個人情報を登録するようになりました。
また、銀行口座の名前と一致していない場合は、振り込み申請ができないようです。

メリット・・・盗難品など販売する悪質業者が減る

デメリット・・・複数アカウントの運営ができなくなった。また、アカウントを削除された時に再度作ることが難しそう…

②売上金のご利用方法の変更

今までは売上金で購入できていましたが、それが不可になり、一度ポイントに変えてからの購入になりました。

メリット・・・特にないですねw

デメリット・・・売上金で買い物ができないので、売上金からポイントに変換するのが面倒

③売上金の振り込み申請期限の変更

今までは売上金の期限は1年間でした。しかし、変更後は90日で自動的に銀行口座に振り込みされるようになりました。

メリット・・・あまり利用しない人はもし売上げ金を忘れていても90日で自動で振り込まれるので、忘れても大丈夫になりました。

デメリット・・・メルカリの使用頻度が少ない方は90日で強制的に口座に振り込まれるので、1万円未満の売上金だと300円の手数料がとられてしまいます。

今回の規約変更でメルカリ運営は盗難品への対策や、売上金の保全の強化で変更したようです。

まぁメルカリ自体の健全化するためでもあると思います。

僕個人的には、特に問題はありませんが、複数アカウントで運営していた人は、かなりの痛手になりますね…

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です