郵便局と佐川のキャリアパートナーの違いについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

郵便局と佐川、どちらが楽なのか??

5日ほど名古屋の方に仕入れの旅に出ておりました。

帰ってきて納品しようと納品プランを作成するといつの間にか郵便局から佐川のキャリアパートナーに切り替わっていました。

初めての利用と言う事で、ちょっと分からない部分がありましたので、その辺はアマゾンや知っている人に確認して何とか発送できました!

そして、今日は郵便局と佐川のキャリアパートナーではどちらが楽なのかを説明しようと思います。

FBAキャリアパートナーについて

まずは、FBAキャリアパートナーについて簡単に説明しておきますね。

FBAキャリアパートナーはFBAに商品を納品する時にアマゾンが送料を負担してくれるサービスです。

現在はキャンペーン中で、このキャリアパートナーを使用すると無料でFBA倉庫まで遅れます。

今のところの予定では、来年の1月15日まで無料キャンペーンです。

もともとFBAキャリアパートナーは郵便局が担当していました。

しかし、数か月前から佐川急便の方に切り替わる人がいました。

切り替わるタイミングはアマゾンより連絡があります。

郵便局の場合のメリットデメリット

郵便局のキャリアパートナーでのメリットやデメリットを説明するしたいと思います。

<メリット>

・当日集荷依頼が可能
・集荷の時間が多く選びやすい
・集荷のついでに、普通郵便など受け取ってもらえる

<デメリット>

・ラベルに商品名などの記入が多い

佐川の場合のメリットデメリット

次は、佐川のメリット、デメリットを説明していきます。

<メリット>

・ラベルの記入が不要

<デメリット>

・集荷の時間指定が12~15時、15時~17時の2パターンしか選べない。
・集荷は前日に予約で当日は不可

感想

実際に佐川のキャリアパートナーを使ってみた感想なんですが、先ほどの各メリット、デメリットに書いていますが、郵便局の場合と違い商品名など書く事が無いのが非常に楽です。

しかし、当日の集荷依頼が出来ないのが結構不便です。

郵便局の場合だと、当日に大体の箱数を入力して集荷依頼をするのですが、佐川の場合だとそれが出来ません。

前日に作った分しか発送できないので、どうしても納品するのが遅くなってしまいます・・・

それと最大のデメリットは普通郵便を受け取ってもらえないことですね~

最近はメルカリやヤフーでの自己配送も多くなってきました。郵便局の集荷だと、いつもは集荷ついでにクリックポストや定形外を持って行ってもらっていましたがそれが出来なくなりました。

なので、自分でポストか郵便局へ行くことになりました…

まぁ無料で送れるのであんまり文句も言えませんけどねw

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です