中国商品OEM第三弾

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりですが、中国商品のOEMが3つ目となりました。

今年の夏ごろから少しずつ中国商品のOEMをやっていましたが、早くも3つの商品をOEMしました。

<OEMとは…>

製造を発注した相手先のブランドで販売される製品を製造すること。製造を請け負う企業をを「OEMメーカー」という。OEMメーカーから製品の供給を受けた企業は、自社工場を持つリスクなどを回避して自社が展開するブランドによって製品を販売でき、製造の委託を受けたメーカーも、販売先が持つ製品や企業のブランド力を利用して販売量や製品力を向上できる。流通大手のスーパーなどの自社ブランド製品などが広く一般によく知られているが、食品から電化製品、衣料など、その内容は多岐にわたっている。

と言う訳なんですが・・・

「長くでちょっと読むのがしんどい」、「よく分からない」と言う方に簡単に説明しますと

同じ商品をちょっとアレンジで自分の商品にできます!

簡単に言うとこんな感じですw

ですが、このOEMをするにあたって、もちろん製造元の許可が必要となりますので、勝手にOEMすると訴えられるので注意しましょう!

そして、このOEMなんですが実は身近でも良くあることで、車とかもOEMしているみたいです。

スズキの「ワゴンR」をマツダがOEMでほぼ同一商品で外観を買えた車もあるようです。

ちょっと話がそれてしましましたが、本題にもどります。

このOEMって言葉を、国内せどりの方はあまり聞いたことが無いと思います。

逆に中国輸入をしている人は一度は聞いたことがあるかと思います。

OEMをする商品は、もちろん売れている商品です。

そして安定して売れる商品で今後も売り続けるであろう商品ですね。

ということで今回、OEM第三弾が出来ました。

このOEMした商品が毎月100個以上売れる商品なので、まぁ大丈夫だろうと思って300個ほど一気に仕入れてOEMしました。

なぜ、300個なのかと言うと、1個からOEMってなかなかできないんですよね!

まぁ代行業者や仕入れ先によってそこは異なりますが、僕の利用している代行業者経由で聞いてもらうと、OEMするのであれば300個からと言う事で一気に300個仕入れました!

月に100個ほど売れるなら3か月くらいで捌ける予定ですので、金銭的には余裕ですね!

商品によって100個からや、1000個からOEMが出来る場合もあります。

OEMが可能になる個数と、その商品の売れ方を考えながら仕入れないと在庫の山が簡単にできてしまうので十分注意ですね^^

特に大きいサイズの商品を仕入れる場合は注意してください。

部屋がヤバいことになりますw

前からOEMが気になっていた方ややってみようと言う方は一度代行業者に話してみて下さい^^

最後まで読んでいただきありがとうございました、感謝の極みです。

記事の内容の質問や感想はコメント欄またはお問い合わせフォームよりお願い致します。
お問い合わせ⇒http://datusara-life.com/page-111

ツイッターをやっております。よろしければ登録お願い致します。

ヒロ⇒@netkatuyounikki
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です