OEMついでに値下げ交渉!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国でも値下げ交渉ができます!!

最近ではフリマアプリの影響で購入前に値下げ交渉が普通になってきています。

フリマアプリなら100円値下げなんかは普通にできますよね(値下げ不可と書いていない場合)

聞くのはタダなので聞くだけ聞いてみるのは良いことですね!

(※大幅な値下げは失礼にあたるので十分注意してください)

ちょっと話がそれてしまったので、本題のOEMと値下げ交渉について話していきます。

中国商品は基本的に買う数量が多ければ多いほど商品単価が下がります。

日本の業者でも同じですね。

少量より大量の方が商品単価は低くなります。

そして中国商品で仕入れをする場合だと、下の画像のように金額が表示されます。

こんな感じですね↓

見方としては、

1~4個は19元

5~9個は18.5元

10個以上は18元

となっています。

見て分かる様に数が多いほど商品単価が安くなりますね。

例えば、この商品をOEMする場合100個以上からでないとOEMが出来ないと仮定します。

そうすると10個以上は18元なので、 18元×100個=1800元 となります。

実際はOEMの内容によって変わりますが、OEMするにあたって、タグや袋などの購入により商品単価がちょっと上がってしまいます。

と言う事は、1個辺りが18元以上になります。

せっかく、多くの数を買うのに値段が高くなるのは嫌ですよね…

そこで、値段交渉を持ち掛けます。

先ほどの商品は10個以上で18元と書いていますが、100個ならいくらになるのかを販売元に確認してみましょう。

「100個買うので値段を下げてもらうことは出来ませんか?」

僕は代行業者を使っていますので、日本語で言っていますが、代行業者の方で良い様に聞いてくれたと思います。

聞くと、値段を下げてもらえる場合もありますし、100個は無理でも300個からなら下げてもらえたりもします。

なので、そこは聞くだけ聞いておけば良いです!

もし、一ヵ月に100個ほど売れる商品なら300個一気に買って商品単価を下げてもらい安く買えばOKです!

OEMする場合は100個以上や1000個以上など大量購入が基本になります。

どうせ大量買いするのであれば、値段を下げれないか聞くだけ聞いて下さい。

先ほども言いましたがOEMをするにあたって、どうしてもタグ代やパッケージ代など余分にお金がかかってしまいます。

ですが、大量購入のついでに値下げ交渉で、余分にかかった分だけでも値下げできる場合があります。

基本的には向こうから安くしますっていうのは言いません(現地では言うかもしれませんが・・・)

なので、こちらから聞くだけ聞いてみましょう!

実際に僕も値下げは出来ております。僕も100個仕入れが最大安値5元の商品を300個仕入れて、商品単価を0.2元だけ値下げしてもらうことが出来ました。

0.2元と言ってもあんまり変わらないと思いますが、実際は0.2×300個なので実際は60元安くなっています。

ですが、例えば1か月に10個ほどしか売れない商品を300個仕入れて値下げするのはちょっと在庫が減らな過ぎて危険なので、あくまでも1か月辺りが安定して売れている商品だけ大量購入しましょう!

また、販路がいくつもあって各販路で安定して売れているならまだ大丈夫ですね^^

OEMの際にも値下げ交渉は可能なのでぜひ試していただきたいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました、感謝の極みです。

記事の内容の質問や感想はコメント欄またはお問い合わせフォームよりお願い致します。
お問い合わせ⇒http://datusara-life.com/page-111

ツイッターをやっております。よろしければ登録お願い致します。

ヒロ⇒@netkatuyounikki
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です