中国商品の相乗りで気を付ける事《価格暴落・保留爆弾》を回避!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国商品=在庫無限

はいどうもこんちゃ!中国輸入大好きヒロです。

中国商品は再仕入れが出来るから良いですよね~

補充するだけの簡単な作業で売り上げが増えていきます。僕の場合だと今は10~15商品ほど再仕入れのみで販売を続けています。

大体の商品は一年以上売り続けていますね~

こんなに長くやっていたら中国商品で失敗することも結構あります。

今日は過去に失敗した商品とその理由、そして相乗りで気を付ける事なんかについて話して行きます。

失敗した商品


失敗した商品を2つ紹介したいと思います。

①ラブライブ! love live南ことり みなみ ことり 8cm*6.5cm 2個セット

モノレート⇒https://mnrate.com/item/aid/B00N3751LK

仕入れたのが1年くらい前ですけど、ちょうど赤枠のとこで仕入れて赤枠の一番安い所で損切りをしてしまいました。

仕入れた後に誰かが急に値下げで仕方なく損切りしてしまいました。

今見ると、数か月で値段が戻っているので待っていたら良かったですね(^^;)

②Wishtime 2in1 ストレージバッグ&プレイマット 直径150cm 片付けらくらく ブロックポーチ 子供 おもちゃ 収納 おかたづけマット(あお)

モノレート⇒https://mnrate.com/item/aid/B011DQMJY4

2つ目はこちらです。2年位前の商品ですけど、赤枠内を見てください。

出品者が増えらり減ったりしていますよね?

これはですね、一人が他の出品者に保留爆弾(自分以外の出品者を注文保留で購入させない嫌がらせ)をやっていますね。

ちなみに僕も被害に遭いました。一気に20個ほど注文が来て支払いされないまま1週間経ち、注文をキャンセルされ、また購入…とこちらの販売の妨害されました。

アマゾンにも相談しましたが、解決しなかったため、一度返送し自分でページを作りましたw

中国商品相乗りで気を付ける事

今回2つの失敗した商品を紹介しました。

中国商品の相乗りで気を付ける事は、タテ積みした商品の価格暴落や保留爆弾です。

それぞれについて詳しく説明していきますね!

●タテ積みした商品の価格暴落のリスク回避術

タテ積みした商品の価格が下がるとタテに積んだ商品全体の利益が下がります。

希望としては仕入れた時の販売価格で売りたいのはみんな一緒ですよね?僕もそうですw

ですが、どうしても出品者が増えると価格が下がる傾向にあるのがアマゾンと言うモールです。

ですが、出品者が減ると価格は自然に戻る傾向もあります。

もう分かりますよね?

価格が下がれば戻るのを待てばいいだけです。

しかし、ランキングの悪い商品だと価格が戻るのに時間がかかりますので、相乗りでタテに積むならランキングの良い商品を仕入れるようにしましょう。

●保留爆弾回避術

モノレートの出品者の所に要注目ですね。

先ほど紹介した商品のように出品者が増えたり減ったりしていると僕と同じように保留攻撃を喰らっているかもしれません。

なので、商品のタイトルと店舗名に注目して欲しいのですが、

商品名に書いているブランド名と出品している店舗名が一緒だとその人が作ったページとなりますので、基本的には相乗りされたくないので何かしらやってくる可能性があります。

特に中国セラーは攻撃的なので、注意です!

最悪の場合アカウンに影響のあることまでやってくるかもしれません。

ですが、アマゾンの規約では相乗りはOKです。と言うか、新規ページより相乗りを推奨しているくらいです!しかし、それがOEMやセット内容が一致している商品に限ります。

OEMのタグと違うタグが付いていたり、セット内容が異なる場合は逆に規約違反になりまので相乗りはダメです。

では、どのような商品なら相乗りして良いのか?

気になりますよね?

・ブランド名がノーブランド

・商品タイトルやブランド名と同じ出品者が居ない。

・相乗り者が多いページ

こういった商品は相乗りしても大丈夫な場合がほとんどです。

今までこのパターンで何か問題があったことはありません。

なので出品前に良く商品ページを見ておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました、感謝の極みです。

記事の内容の質問や感想はコメント欄またはお問い合わせフォームよりお願い致します。
お問い合わせ⇒http://datusara-life.com/page-111

ツイッターをやっております。よろしければ登録お願い致します。

ヒロ⇒@netkatuyounikki
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です