アマゾン 代引き利用の条件 手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、代引きについての記事です。

最近中国語を覚えようかなと考えているヒロですw

商品を探すとき、いつも翻訳サイトを使っていますので、もし覚えることが出来たら、効率よくなるかな??

それでは本題の代引きについてです!

一週間ほど前ですけど、セラーセントラルからメールが来ており、見てみると、
「代引きが利用可能になりました。」とメールに書かれていました。

最初の頃は、代引きは利用できなかったんですが、やっとですね~

とりあえず有効にしておきました。

今回は、代引きが利用できるようになる条件や、代引きのメリット、デメリットについて書いていきます!

代引きが利用できるようになる条件とは?

条件に付いてですが、その前に説明しておかないといけない事があります。

大口出品でFBAを利用の方は、FBAからの発送であれば代引きはもとから利用できるサービスです。

今回の代引き利用とは自己配送時ですね!

正直、条件と言うのはよくわかりません。

売り上げの実績なのか、大口出品の登録期間なのか・・・

僕の場合は5ヵ月ほどで利用可能になりました。

有効にするメリットとは?

メリットは客層が増えると言う事です。

クレジットを持ってない、もしくは使わないという人もいます。

そういった方は代引きを利用します。

例えば、学生とかはクレジットを持てないので、どうしても代引き利用率が高くなります。

なので、今まで買ってくれなかった人が買う可能性が出てきます。

集客と言う意味ではとてもいいと思います。

デメリットとは?

メリットがあると言う事は、だいたいデメリットもありますw

何がデメリットか言いますと相手が受け取り拒否をした時にすべて自分に負担がかかると言う事です。

もし、相手が受け取り拒否をした場合、金銭的な負担が全部こちらにかかってきます。

一度こちらを見ておいた方が良いです⇒アマゾン ヘルプページ

設定方法

設定、または確認方法を紹介します。

セラーセントラルのトップ画面右上の「設定」から「出品用アカウント情報」を開きます。

支払い情報」から「支払い方法の設定(コンビニ払い/代金引換)

後は代金引換を有効にするだけです。

もし、「支払い方法の設定(コンビニ払い/代金引換)」を開いたときに、代金引換が無けれ

ば、まだ代引きが出来ないことになります。

とりあえずは、代引きを利用してみまして、何か問題があればちょっと考えようかなと思います。

まぁ様子見ですね、出品時はほとんど、FBAなので、そこまで問題はなさそうな気もします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です