もっとけば安心!!古物商許可証の取得の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

古物商許可証を取得しました。

前回、古物の事で記事を書きましたが、今回は「古物商許可証」の取得方法について書いていきます。

前回の記事⇒せどらーに古物商許可証は必要なのか?

せどらーさんのほとんどが持っていないであろう、この「古物商許可証」なんですが、

まぁとりあえずもっとけば大丈夫でしょうと言う事で、取得してきました。

今日は、取得に必要な物や順番など説明していきたいと思います。

必要書類ともらえる場所

申請をするにあたって必要な物がいくつかあります。

ますは、必要書類を説明していきます。

そして、個人事業主の場合と、法人の場合で必要書類や記入事項が変わると思います。

今回は、個人事業主の場合の説明となります。

<必要書類>

古物商許可申請書(2通)

略歴書

誓約書

収入証紙(19000円)

住民票

身分証明書

登記されていないことの証明書

必要書類はこんな感じです。

色分けしていますが、これはもらえる場所別に色を変えています。

・古物商許可申請書(2通)

・略歴書

・誓約書

・収入証紙(19000円)

こちらは警察でもらえます。

古物の申請をしたいと言えば、申請書、略歴書、誓約書の用紙がもらえます。

用紙は書き間違えがあったらまた取りにいかないといけなくなるので、自分でコピーしてから書くと良いと思います。

警察署で用紙をもらった時に一緒に書き方の例ももらえると思いますが、書き方は下記リンクを参考にして下さい。

古物商許可証申請書の書き方

略歴書の書き方

収入証紙の19000円は最後の提出の時に必要となり、警察署で買えます。

次は、

住民票

身分証明書

住民票と身分証明書は本籍の記載が必須となります。

住民票は近くの所で大丈夫ですが、身分証明書は本籍地でないといけません。

車で行ける距離なら取りに行っても良いですが、ちょっと厳しい方や時間の無い方は郵送してもらえますので、本籍地の市役所に電話してみてください。

最後に、

登記されていないことの証明書

こちらは法務局でもらえます。

「登記されていないことの証明書」と言えばもらえますので受付の人に聞いてみてください。

もらえる場所はこんな感じです、

書類回収に数か所行かないといけませんので頑張ってください。

※住民票、身分証明書、登記されていないことの証明書は発行時に手数料として数百取られますのでご注意ください。

順番

僕が実際に行った順番です。

あくまでも参考程度にどうぞ!

警察署

最初は、警察署で古物商許可証の申請書をもらいます。

一緒に略歴書、誓約書ももらえます。

市役所

住民票、身分証明書をもらいます。

身分証明書がもらえない場合は、本籍地の市役所でもらえます。

法務局

登記されていないことの証明書をもらいます。

警察署

書類の記入が終われば、警察で収入証紙19000円を買って提出

※『身分証明書』は本籍地でないともらえませんのでご注意ください

早かったら1日~2日で提出することのできるくらい簡単です。

書類集めが、面倒かと思いますが、一日一つずつ回収すればいいかと思います。

持っておいて損はないので是非この機会に取っておきましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です