Amazonとヤフーショッピングのお問い合わせ内容の紹介と対応【クレーマー対策】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中国輸入・電脳仕入れにの情報を発信します。
友だち追加


ども、ヒロです。
僕は現在Amazonとヤフーショッピングで販売しております。

物販していると、どうしてもお客様や購入前の方からお問い合わせがあります。

今回は、どういったお問い合わせ内容が届くのか、またどういった対応をすればいいのかを説明していきます。

これからせどりを始める方や、現在やっている方も、いざと言う時の対策になるので是非参考にしてください。



Amazonのお問い合わせ

Amazonでは詐欺目的のお問い合わせもありますが、下手なことを言わずに落ち着いて対応すればある程度は回避することが出来ます。

早速どのようなお問い合わせ内容が来るのかと、その対応について説明していきます。

到着日について

僕の中で一番多いと感じるのが配送関係についてです。

配送について聞かれてもこちらでは対応が出来ませんし、いつ届くかなんて確実なことは言えません。追跡番号があるならそれを伝えて運送会社に電話してもらうか、Amazonに聞いてもらうしかないので、とりあえずカスタマーセンターの方に誘導して後は任せます。

間違っても「〇日に届きます。」と言いきらないようにしましょう。実際に届かなかったらクレームの元にもなるので!

キャンセルについて

配送の次に多いのがキャンセルです。

注文した商品のキャンセルの方法について聞いてくることがあります。

基本的にこちらでは対応が出来ないので、Amazonのカスタマーセンターの方へ連絡してもらうように言います。

大量購入したい

中国輸入した商品でたまに連絡が来るのですが、大量買いできるか、または在庫があるか聞かれることがあります。

基本的に個数制限をしていなければ大量購入はOKなので、そのまま購入しても売らう様に返信します。もし、在庫がない場合納期の連絡をして、日を改めて購入してもらいます。

商品が入荷した際に一言連絡を入れてあげると良いですね!

日本語以外のお問い合わせ

商品詳細やセット内容の確認で、お問い合わせが来ます。

英語だったり中国語だったりとお問い合わせが来ますが、Googleの翻訳機能で何とか会話はできます。

以前にカスタマーセンターの方にどう対応すればいいか聞いたら「翻訳機能で会話するしかない」と言われましたのでカスタマーセンターに助けを求めても意味が無いです。

返金を狙った詐欺目的

「悪いレビューが書かれたくなかったら返金しろ」と脅しをかけてきました。

普通の購入者はAmazonの評価の重要性について知らないですが、わざわざ評価の事を言ってくるのは出品者側の事を分かっている詐欺の常習犯です。

梱包が甘いと書かれていましたが、ちょうどこの商品はプチプチを巻いていた商品だったのでドヤ顔でいつものテンプレでAmazonのカスタマーセンターの方に誘導しました。

そして、このことを一応Amazonの方にも相談しましたが、対応の仕方としては間違っていなかったみたいです。

もし、商品が破損しているのであればカスタマーセンター経由で返品と返金方法を聞いてもらう様に誘導します。

ヤフーショッピングのお問い合わせ

実はAmazonよりお問い合わせが多いのがヤフーショッピングです。

ですが、お問い合わせが多いからと言って不安がらなくても大丈夫です。

電話のかかってくる回数もAmazonに比べて多いですが、お問い合わせの内容はいつも同じですw

在庫確認

リピート購入希望で在庫の確認をして来ることがあります。

もし、在庫があればそのことを伝え在庫数を反映させればOKです。

無ければ入荷予定や、入荷予定がなければそのことを伝えてあげましょう。

こうやって聞いてくる人は在庫があればほぼ購入してもらえます。

キャンセル

注文のキャンセル依頼が良く来ます。

ヤフーショッピングは注文後すぐだと購入者側で勝手にキャンセルが出来ます。

ですが、時間が経つとこちら側で処理をしなければなりません。

Amazonだとカスタマーセンターが対応してくれますが、ヤフーショッピングの場合は全て自分で処理をしなければなりません。と言ってもキャンセルのボタンを押すだけなんでめちゃくちゃ簡単です。

商品が届かない・配達状況

到着予定や、商品が届かないなど、良くお問い合わせが来ます。

僕の場合は店舗の商品すべに追跡番号付きの発送方法で送っており、時間指定も受け付けないようにしています。なので、到着予定については大体発送から3~5日以内には届きます。と余裕をもって伝えています。

商品が届かない場合は一度、追跡番号で確認し、商品がどこにあるかを調べます。

センターで止まっているならそれを伝えます。

一番多いのが、届いていることに気が付かず、連絡をして来る人です。

追跡番号を見ると到着しておりますが、それなのに届いていないと言ってくる人がいます。

その時は、追跡番号を伝え、「追跡番号を見るとすでに到着になっているのですが家族の誰かが受け取っていないかもう一度か確認して頂けないでしょうか?」と言えば解決します。

そして、このお問い合わせをしてきた人は全員その後の連絡が取れなくなりますw

おそらく届いていたのでしょうね。自分に非があるので何も言わなくなります。

まとめ

物販をしていると必ずお問い合わせは来ます。

正直、僕もあまり得意ではないのですがある程度は慣れました。こういった対応が苦手な人も僕と同じ様にある程度は慣れますし、予めどういったお問い合わせが来るか分かっていれば対応もしやすいので情報発信者のLINE@やブログで僕が書いたように例を挙げている人がいれば参考にすればいいと思います。

それと、Amazonで困ったらカスタマーセンターの方に誘導するとほとんどの場合は解決しますし、対応に困ればカスタマーセンターに相談すれば対応も教えてくれます。

運悪く変な人に当たってしまった場合は、とりあえず返金対応すればそこまで揉めることはありませんので、最終手段は返金と考えておけばいいです。

返金すると言って怒る人はいませんからねw


最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

参考になった。今後も中国輸入や電脳せどりについて知りたいと

思っていただけたなら、押して頂けると励みになります。

 

記事の内容の質問や感想はコメント欄またはお問い合わせフォームよりお願い致します。
お問い合わせ⇒http://datusara-life.com/page-111

LINE@、ツイッターをやっております。よろしければ登録お願い致します。

LINE@⇒https://line.me/R/ti/p/%40aia2987d

@aia2987d

Twitter⇒@netkatuyounikki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です